綿帽子の向こう側。
書いたり描いたりで、日々精進。 楽しく生きていきたいと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実家にて。
ひとり暮らしを始める際に、実家に置いてきた小説を読み直している。読む本に困らないというのが、わたしにとって何よりの幸せ。

今読んでいるのは東野圭吾の小説。一番好きな作家は?と聞かれると、「東野圭吾さん!」と即答するくらい、彼が好きだ。
思い返せば『放課後』をジャケ買いして以来、彼の本が出る度に買ってきた。文庫版は全部揃っているはず。本は常に持ち歩くので、ハードカバーは買わない主義。

読み返しながら、やっぱり東野圭吾が好きだなぁと再確認。ストーリーが面白いというのはもちろんだが、新しい本が出る度にその着眼点がすごいと思った。何より、シンプルな文体がものすごく好き。
わたしは、文章を書くときにアレコレと飾り付けてしまう。短くまとめるという事がどうも苦手だ。だからこそ、簡潔に伝えられる人はホントにすごいと思う。東野圭吾の文体は、読んでて安心できる。


ちなみに、昨日読み始めたのは『名探偵の掟』。なかなか寝付けなかったから、本格推理や長編小説な気分じゃなかったの。名探偵シリーズ、着眼点がすごく好き。一読者として、反応を読まれている気分になる。


物書き志望として、考えさせられるなぁ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。