綿帽子の向こう側。
書いたり描いたりで、日々精進。 楽しく生きていきたいと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とっておき。
仕事帰りに本屋に寄ってお買い物。
気になる雑誌と文庫本は、次に本屋に行った時のためにそっと元の場所に戻した。

迷うことなく買ったのは、東野圭吾『レイクサイド』の文庫本。

一番好きな作家は?と聞かれた時に間髪を入れずに「東野圭吾」と答える。
それくらい、大好きな作家さん。
デビュー作『放課後』をジャケ買いして以来、文庫は欠かさず買っている。
本は文庫で読む主義なので、ハードカバーが文庫化されるのがいつも待ち遠しい。
どんなに貧乏でも、東野さんの本を見つけたら絶対に買う。

電車の中で読もうと思って本を開いたが……止めた。
『時生』の後にエッセイを読んで以来の新刊だもの。
電車の中ではなく、もっと大切に読みたいと思った。

最後まで大切に大切に取っておくから、とっておきなの。

一緒に買った二冊のビジネス本はすぐ読むけどな。
スポンサーサイト

宮部みゆき『模倣犯』
ようやく四巻買ってきた。
活字ジャンキーであるわたしは、まとめ買いしたら一気に読んでしまう。
だから、木曜日本屋に行ったときは三巻しか買わなかった。
だって次の日仕事だし、寝不足だとマズイじゃん。
今日と明日は休みだから、ゆっくり本を読もう。
でも、休みの日に一日家にいるのも寂しいから、四巻一冊しか購入しなかった。
明日また本屋に行こう。

本屋が好きだ。
でも、同時に恐れてもいる。

欲しい本がありすぎて、見たら欲しくなるから。
見なかったら、気付かなかったら、「買おう!」とは思わないわけで。
今は給料日前でお金がないので、バカ買いしないだろうから安心だわ。


わたしはやっぱり、宮部みゆきが好きだなぁ。
そして、同時に「綿花が小説書いたら宮部みゆきみたいな文体になるんだろうな」って言われたことを思い出す。
『模倣犯』を読み終わったら、自分の文章を書いてみよう。
エッセイ書かないとね。
だって、わたし物書きだもの。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学


そういえば。
日曜日に本屋に行くの忘れてたよ。

宮部みゆきの『模倣犯』がやっと文庫で出た。
二巻まではすでに買って読んだのだけど、続きをまだ買ってない。

だけど、ものすごく楽しみにしてたから、読み終えるまでにもう少し時間掛けたいな。

続きが気になるし、全巻まとめ買いしてからゆっくり読むべきだったよ。

テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学


欲しかった漫画。
ずっと欲しかった漫画を買った。
おかざき真理の「サプリ」。

仕事が忙しくなるまでは買わない!と心に誓って、かれこれ半年。
それだけ我慢したからか、漫画買っただけなのにすごい達成感。

早く続きが読みたいなぁ。

なんだか、心の琴線に触れる漫画だった。
なんか、泣けた。

テーマ:ぐっときた本 - ジャンル:本・雑誌


漫画の話。
うちの家族は漫画をよく読む。だいぶ処分したらしいが、以前は漫画喫茶がオープンできるくらいたくさん漫画があった。

わたしが読む漫画、弟が読む漫画、母が読む漫画、父が読む漫画。幅広いジャンルで集まった漫画は、家族間で回し読みされる。結果、幅広いジャンルの漫画が集まる事となった。
うちに来れば漫画が読めるので、弟の友達が我が家に溜まることが多くなった。そして、うちから漫画を借りて帰るのだ。その結果、全巻揃っていたはずの漫画が足りない。しかも、弟ですら誰に貸したか分からないのだ。

久々に『SLAM DUNK』と『リアル』を読み返そうと思っていたのに、途中が抜けてるってどういうこと!?綿花は少々ご立腹。
『寄生獣』は全部揃ってるかしらん?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。